第74回開催しました

第74回ビジネスブリッジクラブ 開催報告

『YELLの更なる発展と思想!』
~サービス内容を知ってビジネスブリッジ~

ビジネスブリッジするには、メンバーのことを知らなければできません。
今回はYELLさんの創業時から今のサービス内容について発表していただきます。
YELLさんのことを知り尽くして、ビジネスブリッジしよう!Let’s Business bridge

日時:2019年 9月4日(金) 19:00~21:00
場所:総合生涯学習センター(梅田)
参加者:石川、大西、小川、武知、田守、開、山崎、山田(敬称略、五十音順)

開催報告

今回は株式会社YELLの武知さんによる勉強会形式の開催でした。
(写真撮り忘れておりました。申し訳ございません。)

過去何回かBBCに参加していただいておりましたが、まだ発表されておりませんでした。
そこで、YELLさんのことをもっと知ってビジネスブリッジにつながるようにという趣旨で、会社のことやサービスのことを発表していただきました。

平成19年に守口市でYELLを設立し、軽トラック1台にて主に単身者の引越業務を開始され、当初は5人のチームでスタート。
今までの引越業務の経験から「人を大事にすると必ずうまくいく」という信念と「やる気があればなんでもやれる」という心構えでサービスの提供を開始。

平成21年には事業拡大するために貨物利用運送事業を開始。ファミリー向けの引越業務を開始されました。
ただ、貨物利用運送では、なかなか思うようにサービスの提供ができず、一般貨物自動車運送事業の取得に向けて進めることに。
しかし、ここでまた問題が発生。一般貨物自動車運送事業の取得が予定より3ヶ月伸びたことにより、サービスの提供ができず、経営が厳しい状態になりスタッフが離れてしまったとのことでした。
もっとも、この一般貨物自動車運送事業開始と共に、全台自社便・自社スタッフで法人様の引越業務を開始されています。

「人を大事にする」という信念でやってきたなかで、離れていったスタッフにはとても申し訳ないとお話しされていました。
このことから、引越の「丁寧な作業」は当たり前として、人としてお客様も大事にする。お客様に喜んでいただけることを大切にしていることが分かりました。

平成27年には現在の守口市に移転し、スタッフのモチベーションがアップしたことを実感。

平成29年には、地域の子どもたちや柔道部出身のスタッフが練習できるようにと柔道場を新設されています。

今後、後輩たちやこれから引越サービスを立ち上げる若い方(新規参入される方)に、自分と同じような大変な経験をさせないように、団体を設けて業界の更なる飛躍を目指していくということでした。

 

参加いただいたメンバー内で、事業のコラボレーションのお話しがでていましたので、うまく繋がり、お互いが発展できればと思いました。

勉強会の後に、有志で食事をしながら懇親会を行い、ここでも新たな取り組みのお話しなど、ビジネスのお話で盛り上がりました。